GoogleAnalyticsの(not provided)って?


昨今、アクセス解析をするために
GoogleAnalyticsを入れているブログやサイトは多いと思いますが、
オーガニック検索キーワードの(not provided)、ホント増えてますよね。

てゆーか、多すぎ。
それほどアクセス数もないブログなので、結構割合で見ると高め。
50%くらい。。。。これ多いよね??
ほかもそれくらいあるものなんでしょうかね。。


(not provided)が出るのはどうゆう場合かというと、
Gmailとかで、Googleアカウントにログインしている状態で検索した場合の検索キーワードがnot provided。

ログインしている状態だと、SSLがかかった状態になるわけでして、
こんな感じになってるでしょ??

その状態で検索されたものは(not provided)になる。

50%もいたら、そこ気になりますよね。
何てキーワードで見に来てくれてるの??って。

Analyticsを入れていれば、
Googleのウェブマスターツールにもリンクさせている場合が多いと思うので、
Googleのウェブマスターツールでトラフィックの検索クエリからあたりをつけていく。

しかない。

のか。。。??

まぁカテゴリが大体絞られているのでAnalyticsでnot providedでも他のキーワードで大体はカバーされていると思われ。

Posted in アクセス解析 by prolography at 6月 6th, 2012 .
Tags: ,
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム