ガス欠対策 安心のアイテム ガソリン携行缶


ガソリン
オフロード車はタンクが小さいです。
しかも燃費が悪い2stだったとしたら、、、

そんなときも安心
【ガソリン携行缶】
です。



愛車のLANZAの燃費は18km/ℓぐらいで、タンクが11ℓでリザーブまで9ℓなんです。
なので、18km/ℓ×9ℓ=162kmまで通常の燃料で走ることができ、
その後リザーブで36km走れます。
(´-`).。oO(たいてい、150kmぐらい走ると、リザーブ発動していますが。。。)

まぁ、36km走れたらガソリンスタンドがありそうですが、もしそこでガス欠になったりしたら。。。
と、考えると心配になってきませんか?

そこで、登場するのが「ガソリン携行缶」です。
このアイテムは500ccのガソリンを入れることができます。

ここでひとつ注意です。
お客が自分でガソリンを入れるセルフスタンドでガソリン携帯缶に自分でガソリンを入れるのは違法です。
フルサービスのスタンドで入れてください。

ガソリン02
←注ぎ方


ガソリンを入れる際は、給油ノズルがついているので、ガソリンをこぼすことなくタンクに給油できます。

また、収納袋もついているので、安心ですね。

Posted in Hobby by prolography at 7月 22nd, 2012 .
Tags:
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム