ニューBMW G650GS Sertao 発表


BMWバイク

== 以下リリースより ==

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、エンデューロ系モーターサイクルを代表するBMW Motorrad GSシリーズの単気筒エンジン搭載モデル「ニューBMW G 650 GS(ジー・ロッピャクゴジュウ・ジーエス)」に、さらにスポーティなデザインと際立ったオフロード性能を備えた「ニューBMW G 650 GS Sertao(セルタオ)」をラインナップに追加し、全国のBMW Motorrad正規ディーラーで2012年8月24日より販売を開始すると発表した。





G650GSとG650GS Sertaoではエンジン出力等はまったく同じです。

旧F650GSと旧F650GS DAKARのようにタイヤサイズが違いですかねぇ~

G650GSはフロント19インチ、リア17インチのキャストホイール
G650GS Sertaoはフロント21インチ、リア17インチのスポークホイールが大きな相違点です。

ただ、キャストホイールだとホイールの柔軟性が増すため、ホイールサイズとも相まってG650GSよりオフロード走行が得意です。
ただし、ホイールサイズが大きくなるとシート高も高くなるため、日本人にとってはちょっときつめかも
(´-`).。oO(G650GS Sertaoが860mmで、G650GSが780mm)
(´-`).。oO(80mmも高いんだぁ~)

その他の相違点は
・ハイウインドシールド
・ハンドプロテクター
・アルミニウム製エンジンガード

ハイウインドシールドがあれば、高速での風も防げるし、
ハンドプロテクターがあれば、転倒時のレバーも防げるし、
アルミニウム製エンジンガードがあれば、オフロードでの飛び石も防げます
Sertaoを手に入れたらオフロード行くっきゃないでしょ!!

Posted in Hobby by prolography at 7月 24th, 2012 .
Tags:
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム