ウィッグのケア方法・洗い方について


ウィッグ

フルウィッグというすっぽりかぶるタイプや
ヘアピースという部分ウィッグ、
医療用ウィッグなど、
ウィッグには色々な種類があります。




ウィッグは大きく人工毛、人毛、人工毛+人毛のミックスの3タイプに分かれます。
耐熱ウィッグであれば、コテやカーラーで巻いたりすることもできます。
ヘアセットする際にワックスで整えることもありますね。

ウィッグをどれだけ長持ちさせられるか、
はケアの仕方によって変わってくるでしょう。

ここでは、一般的なウィッグのケア方法についてご説明します。

ブラッシング
まず洗う前にウィッグ専用ブラシで逆毛、ホコリを落とします。
毛先の方から少しずつ丁寧にブラッシングしてください。
絡まっているときの無理なブラッシングは避けましょう。

※縦ロールなど、すでに加工してあるウィッグにはブラシを使用しないでください。

シャンプー&リンス
ファイバー製のものはウィッグ専用シャンプー&リンスを適量加えた水(お湯は不可)でやさしく押し洗いし、水ですすぎます。
(市販のシャンプーを使用しても問題ありません)
※人毛・耐熱ファイバーはぬるま湯でも可能です。

ドライ・乾燥
タオル等で包む様に水分を取り、寝かせた状態で自然乾燥させます。

※縦ロールなどの場合、ぶら下げて乾かすと水分の重みでカールがとれてしまうことがあります。

完全に乾燥したら軽くプラッシングして形を整えます。
仕上げに専用スプレーを使用することで、より艶やかに仕上がります。

せっかく買っても一度っきりで使えなくなってしまってはもったいないですよね。
何度でも使えるようにケアは怠らないようにしましょう。

ウィッグケア用品


  • ウィッグケア用品4点セット☆ウィッグスタンド&スプレー&ブラシ&ネット☆

  • ウィッグケア用品セット

  • ウィッグ オイル
Posted in Hobby, Other by prolography at 5月 23rd, 2007 .
Tags: ,
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム