「1日が24時間じゃ足りない」は言い訳


lost-in-time
「1日が24時間以上あれば・・・」
と思ったことがある人、手あげてください。

ヾ(*´∀`*)ノ ハイハイ!
しょっちゅう思います(笑)
なので、一度自分の時間の使い方を見直してみました。



持論なので独り言だと思ってください。

時間を浪費するということは、
自分の人生の一部をムダにしているということになりますよね。

本当に自分にとって大事なもののために時間を使うために、
どんな行動が自分に無駄な時間を過ごさせているのか、見つめ直さないといけません。

仕事もプライベートも充実させたいですよね。
まずは仕事の進め方を見直してみましょう。

きちん休憩をとること

本当に効率的に作業を進めるためには、
休憩をとることで脳をリフレッシュさせてあげることが重要です。

ただ時の流れに身を委ねて作業を続けていても、
脳が疲れていては生産性はあがりませんし、重要な部分を見落としてしまうこともあります。

心も身体も余裕がないと色々なことがうまくいかない時ってありませんか?
十分な休息をとらずに、心身を削り続けるのは時間を無駄にするだけではなく健康を損なうおそれもあります。

優先順位を考えて計画を立てる

優先順位も考えず、計画もなくただ仕事をしていては、「あれもこれも」状態に陥ります。
あっちに行ったりこっちに行ったりする時間は無駄ですよね。

作業の前に一度、優先順位をつけて計画を立てる時間を持ちましょう。
そうしなければ、本来考えなくてもいいことにエネルギーを使うことになり、生産性が低下します。

結果的に効果的且つ効率的に作業をする時間も抑圧させていることになります。

作業や休憩を中断される

電話や来客などの予期していない事象により、中断せざるを得ない場合があります。
仕事も休憩も中断された後には、一呼吸おいて頭を切り替えてから戻りましょう。

また、よほどの緊急事態でもない限り、仕事と私生活を混同することは避けましょう。
家族との時間を楽しみながら、仕事にも気を取られるということも避けてください。
本当に心を落ち着かせることができなくなってしまいます。

ミーティングは最低限に

ダラダラとミーティングをすることが好きな人っていますよね。
メールやスケジュールを共有すれば5分で終わる話をわざわざ集まってする必要はありません。

ミーティングをするための具体的な理由や議題がない場合、
ミーティング自体が時間を浪費させてくれます。
また、その分の時間をより効率的に使えることに気付かずに、
ただ「ミーティングをする」ことが習慣になるという悪循環に陥るのは簡単です。

ミーティングの目的を明確にすることが時間の節約につながるでしょう。

人に頼ることも大切です

自分が全ての作業をしないといけないと思い込んでしまった結果、いっぱいいっぱいになってしまう時があります。
そうなる前に、本当に自分にしかできないことなのか、分担できる部分や誰かにお願いできる作業など、見極めましょう。
タスクを遂行することができないと、
結果的に自分自身の時間を有効活用する機会を逃してしまいます。

リスクマネジメント

本来ならば防げていたはずのトラブルも、
リスク管理が行き届かなかったためにトラブル対応で走り回るのは、時間の無駄以外のなにものでもありません。

きちんとリスク管理をしておけば防げるものもあるでしょう。

ネットサーフィンはほどほどに

twitterやfacebook、mixiなど色々なWebサービスができていることもあり、
無意識でもネットサーフィンで不必要に時間を費やすことが多くなりがちです。
何か調べものをしようとして、twitterなどほかのことに時間を使っていませんか?
本来の目的を見失ってしまうと、ほかのものに気を取られてしまい時間を浪費させてしまいます。

「NO」といえない

お願いされたことを全て引き受ける必要はありません。
それが自分にとって大事なものなのか、
自分でなければできないことなのか判断することが重要です。

時間の使い方は人それぞれですが、できるだけ充実した毎日を過ごしたいですよね。
仕事命の人は仕事に重きを置くのでしょうし、
プライベートが大事な人はプライベートの時間をいかにして確保するのか、
両立を望んでいるのであれば、どうしたら両立させてどちらも充実させることができるのか、
一度自分自身で振り返ってみてください。

Posted in Other by prolography at 7月 13th, 2010 .
Tags: ,
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム