休日革命:地域ごとに大型連休の時期をずらす祝日法改正案


MSN産経ニュースによると、地域ごとに大型連休の時期をずらすという案を含む祝日法の改正が検討されているそうです。もし成立したら、祝日処理が大変そうです。 そのほか、国民の祝日を月曜にずらして3連休とする、いわゆる「ハッピーマンデー」を廃止する案も含まれているとのこと。

こんなニュースを見つけました。

概要は、
『GWのような大型連休は地方事に時期をずらしましょう!!』
という祝日改正案。

この地方は5月第一週に休みなさい。
こっちの地方は5月第二週に休みなさい。

そうすれば、混雑も緩和されるし、
これまで閑散期だった頃にも人がきて活気あふれる。
確かにそうかもしれませんね。

更に、ハッピーマンデーを取りやめることも検討されているとか。
本来の祝日の意味が薄れるとか。
じゃあなんでハッピーマンデーを取り入れたのかと。

地方毎に休みが異なる。
ということは・・・・

里帰り⇒友人/家族は仕事

仕事⇒取引先休み、仕事が進まない
   取引先仕事、仕事を休めない

個人的には「ハッピーマンデー」大好きなんですよね。
これが「ハッピーウエンズデー」になったらもっと大歓迎ですが(笑)

祝日の意味と言われても、多くの人は「休みの日」としてしか捉えていないんじゃないでしょうか?
と勝手に想像しています。
意味そのものには正直興味を持っていなかったのも本音です。

でもせめて、祝日と土曜日が重なったときは、振替休日取れるようにしてほしいですよね。
あの喪失感はなんとも耐えられないものがあります。

休みが増える方向に変わるのであれば、問題ない?のでしょうか??
休日革命とか言うからには、裏切るようなことはしないで欲しいですね。

Posted in Other by prolography at 10月 25th, 2010 .
Tags: ,
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム