虫歯と歯磨きの関係に関する考察


歯磨き

6月4日から10日までの1週間は「歯の衛生週間」というのはご存知ですか?



そこで、こんなニュースが発表されました。

歯磨きの回数は「1日2回」が最多、平均時間は半数近くが「1~3分未満」
ナリナリドットコム

10代から60代の男女、1,200人(各年代・男女各100人ずつ)を対象に行われた調査の結果が以下のようになっているということです。
「1日に何回歯を磨きますか?」
1位「2回」(52.5%)
2位「1回」(25.2%)
3位「3回」(18.7%)
番外編「歯は磨かない」(1.1%)

「1回の歯磨きにかける平均時間」
1位「1~3分未満」(48.0%)
2位「3~5分未満」(34.2%)
3位「5~10分未満」(11.0%)
4位「1分未満」(3.9%)
5位「10~20分未満」(2.7%)

「今、お口について気になっていること」
1位「歯の着色・変色」(31.1%)
2位「口臭」「歯周病」(30.3%)
3位「虫歯」(28.9%)
4位「歯石」(26.1%)
5位「歯並びが悪い」(20.0%)

私自身は専門家ではありませんので、医学的なことはわかりません。
なので、通院している歯医者の先生に聞いて実践している話をしたいと思います。

ちなみに、同じ磨き方で同じ時間かけて磨いた場合も、
虫歯になりにくい人となりやすい人がいるらしいです(。・ω・。)
私自身は後者で虫歯になりやすいのなんの・・・

遺伝とか先天的に何か違うのかというと、そうではないそうです。
人は産まれてから3才までに味覚が決まるらしく、
3才まで甘いものを食べさせなければ甘党にはならないそうです!!
全く食べさせないというのは難しいと思いますが、
「砂糖不使用のジャム」とか、色々と方法はあるんでしょうね。
生後数ヶ月の口の中が無菌状態な頃に、
両親からもらってしまった虫歯菌の量が影響してしまうってゆうのもよく聞きますよね。

歯周病は若くてもなるんですよね。
喫煙者は治療しても絶対歯周病は治らないと言われてしまいました。
喫煙している人は要注意ですね(・ω・)私含めて・・・
わかってはいるんですが止められない・・・
せめて歯周病にならないようにケアしてあげるのが精一杯です。

話がだいぶそれましたが、
歯科医の先生に言われて実践していることをあげてみたいと思います。
・歯ブラシは大体1ヶ月を目安に交換する。
(ブラシがバサバサになってきたら交換のサインです。「歯ブラシがハミダシになったら交換するんだよ」って昔よく言われました)
・歯を磨く時は200gくらいの重さで優しすぎず激しすぎず。
(200gというのは、キッチンで使うキッチンスケールに歯ブラシを押し当てて200gを測ると大体の力の入れ方がわかります。)

喫煙者なので歯の着色は気になりますねー。
定期的に通院してスケーリングしてもらっているので、気になるほどの着色はありませんが、
ホワイトニングはどうなんだろう??と思って聞いてみたところ、
いわゆるホワイトニングというのは、
歯の表面に傷をつけることで、曇りガラスの要領で歯を白く見せることができるようになるそうです。
なので2ヶ月くらい経つと元に戻ってきて、ホワイトニングを繰り返すことになるとか。。

歯の表面に傷をつけるということは、歯を削っているということですよね??
ずっと続けていたら歯がペラペラになっちゃう!!と小心者なのでホワイトニングには手が出せなそうです・・・
傷といっても、ものすごく小さい粒子の話なんでしょうけども。。

余談ですが、歯って脱臼するって知ってます??
一度転んだ拍子に前歯が脱臼してしまい、神経が死んでしまいました。
転び方には注意です!!

Posted in Other by prolography at 2月 11th, 2011 .
Tags:
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム