日常生活に、癒しの香りを ーアロマのすすめー


アロマ01

皆さんは、どのような「におい」が好きでしょうか?

食べ物の匂い…味噌汁やカレー、焼肉、コーヒーなど。
シャンプーやリンス、衣類の洗剤のにおい…
人それぞれだと思います。

それだけ私たちの世界はたくさんの「におい」であふれています。


「匂い」は、鼻の穴の上の部分に集まっている嗅神経を伝わり、
脳の中にある嗅覚の中枢へ情報が送られることで、認識されます。
「匂い」を感じる脳の部分は、すべての脊椎動物に存在し、
特に動物にとって「匂いを感じる(嗅覚)」ことは、
「食べる」「子孫を残す」といった生きていく、生き抜くために極めて重要な感覚となっています。
しかし人間は進化の過程で二足歩行になるなど、
他の脊椎動物にない発達をとげたことで、動物が生きるために必要としていた「嗅覚」は退化したようです。

人間は、大脳の発達により、動物には備えられていない高度な情報を処理できるようになり、
感覚ひとつをとっても視覚、皮膚感覚、平衡感覚、聴覚など様々な情報を捉えることが出来ています。
つまりは「嗅覚」に頼る必要はなくなったわけです。

それでいながら、生活の中には「におい」が存在し、
退化しているといっても「におい」を感じ、
それが「どんなにおいか?」ということを私たちは認識することが出来ています。
そして認識したにおいが、自分にとって「好きなにおい」か「嫌いなにおい」かで、
リラックスできたり、反対に不快に感じるなど感情にも作用します。

生きるために直結した感覚ではなくなったかもしれませんが、
「嗅覚」は実は意外と大切な感覚なのではないでしょうか。

自分にとって「よいにおい」を嗅ぐことで、
においにも敏感になるだけでなく、感情としてもプラスに働くのではないかと感じています。

それに特化したもののひとつとして「アロマセラピー aromatherapy」があげられます。

アロマ入門グッズ

アロマ01

Posted in Hobby, Other by prolography at 12月 16th, 2013 .
Tags: , , ,
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム