HDDの空き領域を完全消去する方法


Windowsの場合ね。

ゴミ箱に入れて削除しても目次が消えるだけだから、データ自体は残ってしまいます。
だから復元ソフトとか使えば復元されちゃう。

ちなみに完全に消去する規格って何種類かあって、
1番新しく制定されたもので1回上書きすればいいってことなんですが、
念には念を入れて3回上書きする方法を選択してみた。

ちなみにOSはWindows XP proで実行。
cmd上でcipherを実行するだけなんですが、
これが標準搭載されてるのはxpだとproだけっぽい。

cipher /w:c:
これでCドライブの空き領域を全部上書きしてください。ってこと。
最後の「C」の部分を「D」に変えればDドライブ。

実行するとこんな画面が(見ずらくて申し訳ない。。。)

最初に0を全体に書き込んで削除。
次に1を全体に書き込んで削除。
最後に乱数を書き込んで削除。

ちなみに実行時のドライブはこんな感じになってます。
赤い部分が書き込まれてるやつ。
赤で埋め尽くされて削除されて、ってゆうのが3回繰り返されて空き領域にあったデータは復元できなくなるとのこと。

空き領域が420GBくらいのディスクでやって全部終わるまでに2~3時間くらいでした。
そこはマシンスペックにもよるのかな。

Posted in PC by prolography at 1月 21st, 2010 .
Tags: ,
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム