[WP to Twitter]wordpressの投稿をtwitterに飛ばすプラグイン


wordpressで投稿したら一緒にtwitterにも投稿できる[WP to Twitter]の使い方。
WP to Twitter プラグインホームページ


[WP to Twitter]をインストール後、有効化すると以下のようなエラーが出るので、twitterアプリの登録をしましょう。

「Twitterと連携」メニューの中の「Twitterアプリケーション登録ページ」を押下すると、TwitterのDeveloperサイトに飛んでいきます。

Developerサイトにtwitterアカウントでログインし、アプリを作成します。
以下のような画面が出るので、必要事項を登録します。
Callback URLも自分のブログorサイトのURLでOKです。

利用規約に同意し、「Create your Twitter application」を押すと以下のページに飛んでいきます。
(※この時点ではOAuthのアクセスレベルがRead Onlyになっています。)
まず、「Setting」タブに移動します。

「Setting」では登録したアプリ名なども変更できます。

真ん中から下でアプリのアイコンなどが設定できます。
私は自分のTwitterアイコンを設定しました。
[Application Type]は「Read and Write」に変更して「Update」ボタンを押します。

そうしたら「Details」タブに戻ります。
すると、OAuthのアクセスレベルが[Read and Write]に変更されています。
次に、Access tokenを取得するので、「Create my access token」を押します。

Access tokenが取得できましたね。

ちなみに「Details」タブページの上の方はこんな感じにアイコンも変更されています。

今度はWordPressの設定画面に戻ってきます。
アプリ設定画面で取得した、[Consumer Key][Consumer Secret][Access Token][Access Token Secret]をそれぞれ入力し、「Twitterと連携」ボタンを押します。

成功すると、こんな画面に切り替わります。
これで、Twitterと連携ができました。

Twitterのアプリ設定画面を見てみると、今作ったアプリが反映されています。

WP to Twitterの設定画面で、ツイートするタイミングも細かく設定できます。
自分のブログやサイトに合った設定をしてください。
短縮URLは、私は「Bit.ly」を使っているので、これも選択できます。

また、私はカテゴリーフィルタ機能は使っていませんが、カテゴリを選んでツイートさせることもできます。
これもブログやサイトの使い方次第ですね。

デフォルトでは、「公開したらツイートする」という設定になっています。
設定画面で変更することもできますが、投稿画面でも都度選択できます。

ショートコードも
#url#, #title#, #post#, #category#, #date#, #author#, #account#, #tags#, #blog#
など、色々使えるのでカスタマイズ次第ですね。

別にツイートするほどのものでもないPOSTもあるので、
自分でツイートするかしないか選択できるのが便利かなということで
feedを飛ばして自動でツイートさせるのをやめてこのプラグインを使うことにしました。

Posted in Web-tips by prolography at 5月 16th, 2012 .
Tags: , ,
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム