【WordPress】プラグインを使わずにパンくずをつけるメモ


パンくずってユーザビリティ的に必須だと思っているのは私だけなのだろうか。

この間、一緒に働いたこの業界10年ですって人が構築したサイトにパンくずがなかったので、
ユーザ的な意見としてパンくずの実装をお願いしたところ、
「パンくずって何のためにつけてんのか意味わかんないからやらない」と言われ、
単純にやりたくないってだけだったらしいけど、
リリースするのにサイトを使う立場に立って見るのって重要だと思うし、
やりたくないとかやりたいとかって話じゃないんだよね。

自分がサイトを使う立場に立って考えてもパンくずがなくて困ったことはあっても、
あって困ったことはない。

そこは臨機応変だけど、とくにあっちこっちに情報があるようなサイトには不可欠だと思う。

サイトの構造やら設計やらによっては必要ない場合もあるかもしれないけれども、あまり見かけないのも事実。

ということで、
WordPressには一応パンくずをつけられるプラグインもあるらしいんですが、
なんでもかんでもプラグインを使いまくるのは好きではないので、
普通にテーマ編集してパンくずをつける方法をいくつかメモ。

固定ページでHOMEの直下って場合。
トップ(リンクあり) > 固定ページのタイトル(リンクなし)

<a href="<?php bloginfo('url'); ?>">トップ</a> &gt; <?php echo the_title(); ?>

記事ページの場合
カテゴリがあればカテゴリを間に出して、記事のタイトル

<a href="<?php bloginfo('url'); ?>">トップ</a> &gt; 
<?php $cat = get_the_category(); echo get_category_parents($cat[0], true, ' &gt; '); ?>
<?php the_title(); ?>

これをパンくずエリアに入れればOK。

Posted in Web-tips by prolography at 6月 6th, 2012 .
Tags:
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ケンコーコム